日常生活に決して欠くことのできない水は、水道管を通じて各家庭や店舗に配水されています。

水道管には一定の圧力がかけられているために、そのままの状態で破断が起きると勢い良く水が噴出することになります。そのため水道工事を実施するためには水の流れを止めてから実施する必要があります。水の流れを止めることは該当箇所に流れている部分をバルブを閉めることによって遮断すればよいのですが、その場合にはかなり広い範囲で水が止まってしまうという状況を引き起こします。それを防ぐことが不断水工事の大切な役割です。

いつも何気なく使用している水が突然使えなくなるということは大きな不便を生じさせます。炊事やトイレや入浴など、基本的な生活に支障が発生することや、店舗の場合には営業が不可能となるために大きな損害が想定されます。そのため断水をやむなく行う場合には事前に連絡を行って周知し、場合によっては給水車を手配することや営業不能に対しての補償をしなければならないというコスト増加を招きます。

不断水工事はそれらの手間が必要なくなるというメリットがありますので、現在の水道工事現場においては主流の方法となっています。水流を分岐させて確保した状態にすることで断水を防ぐ分岐工法、局所的な工事であれば水道水を凍結させることで止水をする凍結工法などがあります。現場の状況に応じ、適切な不断水工事を選択することが重要ですので、施工業者にしっかりと確認しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *