水道管から枝分かれする部分を新たに作り付ける場合には、水道管の本管に分岐部分を取り付ける作業が必要になります。

その部分を工事するためには一時的に水の流れを遮断して断水状態にすることが必要となります。通水状態の水道管に穴を開けてしまうとその圧力によって水道水が噴出し、周辺を水浸しにしてしまいます。そこでこれから工事を実行する旨について周辺地域や同じフロアの各住宅(テナント)などに事前連絡をする必要があります。

状況によっては水道水が使用できないことに関して支障が発生する場合もありますので、その費用弁償を考慮しなければならないなど、工事以外にも大きなコストが発生するケースも少なくありません。そのために水の流れを止めずに工事を完了することができる不断水工事が採用されるようになっています。不断水工事は、水の流れを遮断するポイントを工事箇所のごく一部に留めることや、水流を確保したまま分岐工事をできるように特殊な機械を取り付けることなどで実行することができます。

不断水工事を行う場所や水道管の太さ、周辺のスペースの広さなどによって最適な方法が異なりますので、多くの工事実績をもっている専門的な業者に依頼をすることが最も良い選択となるでしょう。周辺地域への影響を少なくすることができ、工期の短縮や工費の圧縮が実現できる不断水工事を選択することが、これからの水道工事において最も重要であると考えられています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *