不断水工事は、上水道の配管工事のために開発された技術です。

配管工事の実施においては、配管に穴を空けることでその部分からの水の噴出がみられます。それを防ぐために水の流れを止めて工事をしなければなりません。周辺の広い範囲での断水が必要であるので、工事期間が長くなると様々な影響があります。そのためにごく限られた部分的に断水をさせることで全体的な断水を防ぐ工法が主流となっています。上水道工事で行われることが多い工法ですが、現在では下水道工事でも広く行われています。

水道の分岐管や新しいバルブを設置する際に古いバルブを動かして水の流れを止めることをすると、その部分に付着していた赤サビが剥がれ落ちてしまい水道管内の水が濁ってしまいます。不断水工事では赤サビの混入も防ぐことができることと、設置工事後の配管清掃も不要となりますので工事そのもの以外にかかるコストを圧縮できるというメリットもあります。特に上水道では工事配管の周辺を利用している住民やビルの利用者に赤サビの混入した水を流しきることの周知が必要になるために、手間と時間もかかります。

不断水工事では、広範囲の水の流れを止めずにそのまま作業ができるので、赤サビがはがれて混入してしまう心配はありません。断水発生による周辺住民対策も不要です。そこで住宅の密集地や商業ビルなどでの配管工事においては不断水工事を行うことが通例となっています。その技術は、大きくわけると分岐工法と凍結工法の2種類があります。工事現場の状況や工事にかける費用などを総合的に判断して最適な方法を選ぶことが重要となるでしょう。多くの実績のある業者に相談し、適切な不断水工事を実施できるようにすることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *