不断水工法と言うのがあります。

そもそも水道工事を行うと言う事になりますと断水をしなければならないという部分が少なからず存在してくるわけです。よく水道工事をするのでこの時間帯は水道が出なくなりますという告知を受けたりすることがあるでしょう。それがまさに理由となっているのですが不断水工法であればその手の事が必要なくなります。やり方としては特殊な機械を使い、増設あるいは新設などの時において既設本管にT字管と仕切弁を取り付ける事になります。

これがとても重要なことです。そして穿孔機を用いて進めていき、既設本管に孔を開けるわけです。そして、ドリルを戻して仕切弁を閉めると言う事になります。さらに穿孔機を取り外すわけです。そして、分岐管の配管が終わったら仕切弁を開けて通水するだけで大丈夫になります。特殊な機械を用いなければならないという点においては特殊な技能とも言えるわけですが実際問題としては今では当たり前のように使われている技術になりますのでそんなにレベルが高いわけではないです。

どうしても断水をする事が困難、と言う時に利用するわけではなく、今では普通に行われています。使えない場合というのも状況によってはあったりするので確実にそれをやっているというわけではないのですが、基本はそうです。不断水工法であれば間違いなく、それ以外のやり方よりもコストをかなり下げる事が出来るようになりますから具体的にメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *