不断水分記法の最大のメリッとは断水を伴わない工事です。

この事により事前の準備、特に住民への周知や断水時の対策の為の給水車などの準備が不要になります。このような工事で工期が遅れる最大の原因は住民との連携がうまくいかない事です。工事日程が住民のクレームなどで変更になってしまえば、予定は遅れてしまいその結果として工費はどんどんかさんでしまう事となります。不断水分岐工事によってその問題が回避されれば工期の短縮が可能になりますのでそれに伴って工費の大幅な削減が可能となります。

現在では周流になっている航法なのですが、不断水分岐工事には大きく分けてバルブと補助金具で機械的に止水する工法と、管内の水を液体窒素などで凍結させて弁の替わりにして止水する工法があります。いずれの工法においても断水していない以上住民などが水使える状況にある訳ですから工事中に異物の混入などがあってはなりません。便利な工法だからと言って必ずしも完全に安全だとは言い切れないのです。その為にはやはり十分な訓練と、理論学習を行う事が必要になります。

工期や工費の削減が実現できる分、技術の向上に時間と経費を回すことが必要なのかもしれません。ちゃんとした準備をすれば安全だと言えるべきものなのです。この事は業者の信頼を支える問題として考えるべきで、工法自体の問題点とはまた違う視点でとらえるべきだと思われます。素人が工事をすることを考えれば常識的な判断だと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *