従来の水道管の工事は、水道管路から分岐菅を取り出すため断水状態にして作業が行われていました。

断水の時に分岐菅を取り出す個所の近くに、既設バルブがない場合は断水の影響が広範囲におよぶことになり、住宅に住む人々や周辺の施設や工場などへの影響が生じたのです。日本の高度経済成長に伴って、地域に住む人々の生活水準が向上するなど、断水での工事がやり難い状況となり、ここで開発が行われたのが不断水工法と呼ぶ工事手法です。

断水になると、蛇口を捻っても水が流れて来ませんし、日本の高度経済成長と共にトイレが水洗式になり、断水が生活絵の悪影響を与えることになります。さらに、工事を完了した後には蛇口から赤水と呼ぶ、錆などが混ざった水が流れて来てしまうので、暫くの間は水を流し続けなければならなかったわけです。不断水工事はこうしたデメリットをなくして経年劣化を引き起こしている水道管を交換したり、設備のメンテナンスを可能にする手法です。病院の中には通水がストップしてしまうと治療が出来なくなる、透析治療を行っている所も多くあります。

透析治療の場合は常に水を必要とする関係からも断水は命取りに繋がるわけです。断水になることも考慮して大きな水槽を用意しているケースもあると言いますが、断水になった時には様々なリスクが付いて回ってしまいます。不断水工事の場合であれば、人工透析を行っている病院にも安心を与えることが出来る、治療を受ける患者さんも安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *