従来、家の中にあるトイレは肥溜めと呼ぶもので、便器の真下には排泄物を溜めておくための槽が設けられていました。

この中にたまっている排泄物は、汲み取り業者により定期的に回収が行われていたわけですが、肥溜め式のトイレは不衛生であることや汲み取り業者の手間やコストなどの関係からも、徐々に水洗式へと時代と共に変わり、現在ではほとんどの住宅が水洗式トイレに変化しています。水洗式トイレは水の圧力を利用して排泄物を排水路へと導き、下水へと流す仕組みを持ちます。水の圧力を加えるため、便器にはタンクが設置されており、ここには一定量の水が溜まっています。

水道工事などで断水になると、タンクの中の水を使えば1度だけ利用は出来ても、断水状態になっているのでタンク内に水を溜めることが出来ません。さらに、最近は節水型タイプも登場していますが、節水型は水道に直結している関係からも断水になるとトイレを利用出来なくなります。不断水工事は断水せずに水道管の交換などを行うことが出来る工事手法で、節水型でもタンク型でもトイレを使うことが出来るメリットを持ちます。

また、不断水は通水をストップさせると機能が停止してしまう施設、常に水を供給しなければ営業が出来ない施設などへの安心に繋げています。不断水工事は技術が必要な手法ではありますが、徐々に不断水工事が可能な会社が増えており、将来的には断水せずに通水状態で工事が出来る、いつでも水が使える時代になると言います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *