不断水分岐工法は、断水をすることなしに既設配管から分岐させることができる工法で、多くの水道配管工事などで採用されている工法の一つです。

その方法は既設管にバルブ・T字管・仕切弁を取り付けた後に穿孔機を使い、既設管を穿孔していきます。既設管を穿孔したら、その後に仕切り弁を閉じ、分岐側の配管が完了したら仕切弁を開けて通水する流れになります。配管のメンテナンスや取り外しての交換作業でも使うことができ、不断水な状態のまま工事を施工できるメリットがあります。近年はこうした不断水工事が定着した影響もあり、商業ビルやマンションなどでも断水のお知らせを目にする機会が少なくなっています。

また工事後の赤水の発生なども抑制することもできるため、生活にも支障もない状態です。不断水分岐工事が採用されている場所はビルやマンションなどの施設で、大規模な公共施設などでも見られます。不断水分岐工法は、全国でも採用されているほどオーソドックスな工法で多くの工事業者でも採用されています。その工事にかかる作業員の数も少なく済み、場合によっては一人でも作業をすることも可能です。

もちろん重量のある機械を一切使うことなしに限られたスペースでも対応することが出来る利点もあります。工事業者だけでなくビル管理会社などでもそれを活用することもあり、実際に作業用の道具などを揃えていたりします。道具を販売しているメーカーも動画などで紹介され、作業の手順まで公開しているので使いやすくなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *