不断水工事や不断水工法と言う手法があるのをご存知でしょうか。

不断水と聞いた時に断水せずに水道工事が出来るのはとても便利だと感じる人は多いと言えましょう。便利だと感じる人の多くは、断水工事を経験されている人、断水により生活に不便さを感じた経験を持つ人ではないでしょうか。水道管は地下に設置が行われているもので、地中に埋まっています。外側からの圧力、配管内部は水圧により常に圧力が掛かる部分です。

水道管が破裂して地上に水を噴き上げることもありますし、地上に吹き上がらずに地中内で水漏れが生じるケースもあります。金属製の部材ですから錆などの腐食で定期的なメンテナンスや交換は必要不可欠です。非常に高い水圧が内部にはあり、この圧力を止めるためには通水をストップ、いわゆる断水状態にするしかありませんでした。通水をストップさせれば供給も止まりますので、予め周辺エリアに住む人々には断水することを通達しておく必要があります。また、工事中は蛇口からの通水がストップするので、汲み置きをするなどが必要です。

工事終了後は赤水が流れて来るので、暫くの間は長した状態にしておく、これが断水時には必要になっていたわけです。不断水工事の場合は、工事中でも水が使えますし、赤水が流れてくることもないので、水道管を交換すると言っても普段と同じ生活を送ることが出来ます。尚、不断水工事技術は年々進化しており、その普及も広まりつつあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *