不断水工法は人件費などのコストや工事期間の短縮をすることが出来るなどのメリットがあり、更に住宅や他の施設などに不自由を与えません。

以前は、既設管に分岐管や新しいバルブなどを設置する場合は古いバルブを閉じ、水の流れを止める必要があり、水道工事をする度に断水を行わなければならず、給水車の手配や周辺住民への告知などが必要となりましたが、不断水によってそういった手配も必要無くなりました。

不断水の方法には大きく分けて二つの種類があり、まず穿孔機と割T字管、仕切弁を既設管に取り付けて機械的に穴を開ける技術の分岐工法は仕切弁を開いた状態で穿孔機のドリルを使用し、穴を開け、仕切弁を閉じて穿孔機を外して分岐管やバルブを設置し仕切弁を開くことで、割T字管と仕切弁は取り付けたまま残し、ドリルで穴をあける際には金属片が発生しますが、それは水圧で押し出され穿孔機内に取り込まれることで配管内が汚れないようになっております。もう一つは、凍結工法という方法があります。

液体窒素などを利用し、作業個所の両端を凍結させることで凍結部分をバルブの変わりとして機能させることで、バルブから遠い場所や存在しない場所での作業に適した方法です。凍結工法の場合は、作業個所のみ部分的な断水が生じますが、全体的には通水状態のままで作業を行えます。不断水工法のいずれの方法も配管内が汚れる心配もなく、作業も迅速に進めることができるため、現在の水道管工事で使われております。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *