不断水工法は、その文字通り、断水をせずに水道管を交換するという工法です。

基本的な工事としては、専用の機材で臨時の迂回路を作り、そこに水を流して本来の水道管を取り換えることになります。しかし、さらに本来の水道管への給水を止める手段として、専用の機材を使う分岐工法と、凍結用の容器で交換する水道管の両側を凍結させるという凍結工法に分けられます。

不断水工法の最大のメリットは、工事中でも周辺地域が水道を利用することできるという点にあります。このことは、特に病院など、人の命にかかわるような場所で水道管の交換を行う際に重要となります。

また、工事をする側も事前に広域に告知をしたり、給水車などを用意したりする手間を省くことができるため、コストや時間を節約することができます。

さらに、工事中も水道管内では水が流れ続けるため、工事完了後に水道管の内部を洗浄する必要もないのです。ただし、不断水工法にもデメリットがないわけではありません。

その最大のデメリットは、工事中も水道内部を水が通っているといるため、工事中のトラブルによって異物が水道管内に混入した場合、その異物がそのまま流れて行ってしまうということにあります。

そのため、工事の際には、細心の注意を払わなくてはなりません。また、水道管の種類や経年劣化の状況によっては、不断水工法が利用できないこともあるため、事前に不断水工法ができるかどうかを調査しておくことが重要となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *