不断水工法とは水道の配管工事における方法のことで、読んで字のごとく断水することなく工事を行うことができます。

配管工事をする際に断水が発生してしまうと、家庭や工場などで水が出なくなってしまい生活や生産活動に支障が出てしまいます。特に深刻なダメージを受けるのが、活動に絶対に水が欠かせない医療施設などです。

不断水工法を採用すれば工事中も水を止める必要がなく、住民はいつも通りに水を使う事ができとても助かります。不断水工法による工事は、工事を行う業者にとってもメリットが大きいです。

断水が必要な工事の場合、業者は事前に周辺住民に断水の期間などを告知する必要があり、ビラを配ったり各家庭を1件ずつまわって周知徹底する必要がありましたし、断水が長期に及ぶ場合は給水車を呼ぶこともありました。これは業者にとって重い負担で、大事な労働力を割かれてしまうことで非効率の原因にもなっていました。

断水せずに工事を行える手法が確立されたことで、この負担から業者は解放されました。実は現在の水道の配管工事のほとんどは不断水工法が採用されています。特に都会での工事ではほとんどが不断水手法を用いているので、断水が起こることはめったになくなっています。

不断水工法においては工事後に配管の内部を掃除する手間も不要で、断水工事後によく出ていた赤水の現象も起きません。この工事方法が確立される前は、しばしば断水が起きていましたが、現在はほぼ断水は無くなり、とても安定して水道を使えるようになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *