断水を行って水道工事を行いますという連絡が少なくなってきたように感じている人も多いことでしょう。

近年の都市生活において、断水を伴う工事が減少しているのには様々な理由があります。不断水工法が普及する以前は、水道管の工事を実施する場合において、近隣住宅への給水も止めて断水状態として配管の分岐工事などを行うのが一般的でした。

この場合には、工事実施予定の数日前より近隣住民へ広報を行い、断水中の給水車の手配など、事前の準備段階で多くのコストが発生するという欠点がありました。上水道は年を追うごとに一般家庭での利用水量が増加している傾向にあり、水道水水の重要性は一層大きくなっているものと考えられます。

水洗トイレの普及やシャワーによる入浴の習慣化など、水が流れないことによる不具合は多く、断水状態を作ることは単に炊事洗濯西小が出るだけのことではなくなっています。また、介護施設や工場、商店や学校などにおいても大量の水を使用するので生命線です。

工場の生産ストップや飲食店の業務ができないことなどで、多くの補償が必要となります。そのような事態を防止するために実現したのが、不断水工法です。水道管を断水することなく工事の実施が可能な工法で、幅広く採用されています。

不断水工法では、作業終了後の水道管内の清掃作業や、周辺住民への周知が不要となりますので、全体的な工期短縮や経費削減が可能となっています。そのために不断水工法は、全国各地の設備業者で採用されており現在の水道管工事の主流となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *