水は生活に欠かせない存在で、暮らしのあらゆる場面で使用する重要な物です。

住宅を建てる際には、必ず引き込みを行いますが本管から分岐するには必ず水を止めて工事をする必要があります。と言っても一昔前の話で現在は不断水工法と呼ばれる、本管の水を流したままで施工する工法が主流となっています。

以前までは、近隣への周知を何日も前から行い場合によっては給水車の手配が必要でした。住民は浴槽に水を溜めて、トイレや洗い物用の水を予め用意するなど手間が掛かっていました。

工事終了後に蛇口をひねれば、配管のゴミや赤水がしばらくの間で続けるなどしていました。この様な事が出ないように改良された不断水工法は、既設配管の分岐したい箇所に割T字管と呼ばれる専用の器具を取り付けします。更に締め付けバルブを取り付け、穿孔機のセットを行います。

既設配管への穴開けを行い、溢れ出した水を止める為にはバルブを締め付けします。穿孔機を取り外しすれば、それ以降の配管作業が行える事になります。既設配管へ穴開けを行った際の削り屑は、水道管圧力により外へ押し出されるので混入の心配がいりません。

不断水工法では、水を止める事が無いので周辺への影響の心配はいりません。更に手間が大幅に減るので、工期短縮や経費削減にもなるので理想的な工法となります。電気工事でも停電させる事なく施工できる現在では、水道工事も同様の事が求められるので多くの業者が採用しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *