不断水工法は水の流れを止めずに分岐やバルブの取り付けができる便利な工法です。

しかし、どのような既設管にも使えると言うわけではありません。配管工事を計画する時にはそれらの点を注意しておく必要があります。まず、既設管の状態や形状によるものです。既設管が老朽化している場合や、傷ついているような場合は適用することができません。

既設管の交換工事と併せて行う必要があります。そして曲がっている部分にも適用することができません。これらの場合は場所を変えるか、断水工事にするかを検討する必要があります。また、場所によっては配管内の圧力が高いことがあります。

そのような時には採用できる不断水工法が限定されることがあります。圧力が高いことで作業中に配管の破裂や漏水の恐れがあり危険です。そのような時には断水するか圧力が高い状態でも行うことができる不断水工法を検討する必要があります。

このように既設管の状態や配管内の条件によって適用ができないこともあります。最近ではそのような場合でも対応できるような製品も発売され、不断水工法が適用できるケースが広がっています。まずは既設管の調査を行い、どのような条件かを明確にする必要があります。

その上でどのような不断水工法が必要なのかを検討し、それに合う工法を調査することが重要です。場合によっては、設置する場所を少し変えるだけで可能になることもあります。工事が始まってから適用ができないことが判明するようなことは避けましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *