不断水工法は水道管にバルブ等を挿入することにより、断水を必要とせず通水したままで各種の工事を行う新しい工法です。

工事に必要な手間や時間を、従来の工法よりも大幅に削減することができます。水道管は今や私たちの生活に欠かすことのできないライフラインとなっていますが、一方で特に都市部においては水道管をはじめとした各種の配管が入り組んだ状態であるため、短時間で安全に管路の工事ができる不断水工法の需要が高まっています。

不断水工法では既設の水道管の断水を必要とせず、水道水の流れを一瞬でも止めることなく通水したままで工事を行うことが可能になります。各種産業や各家庭に断水の影響を及ぼさないこと、断水に伴う水の汲み置きや給水車の手配や周辺住民への告知を必要としないこと、工事終了後における水道管内の清掃の手間を必要としないこと、工事の前後にいわゆる赤水が発生しないことなど、低コストで効率的な水道管の維持・管理作業が可能な不断水工法は、制約のある現場での水道施設の補修や更新におけるメリットが大きいといえるでしょう。

不断水工法ではストレーナーやプラグや仕切弁などを本管の切断部から挿入する「インサーティング工法」や、本管から取り出した枝管により給排水を行う「分岐工法」などが幅広く活用されています。さらに小口径給水管では短時間で限定的な方法として、液体窒素で管内を一時的に凍結して止水する「凍結工法」が活用される場合などもあるようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *