日本では首都圏、地方都市ともにどの人にもよく管理されるライフラインの恩恵を受け、水や電気やガスを有効に活用することができます。

そういうライフラインは軽い気持ちで使っていますがダメであるならば、日常生活の中で幅広い不便が生じます。一方、これらの設備を長期間安全に使用し続けるためには、点検や補修などのメンテナンスが欠かせません。こうした工事の際には、工事の種類によっては1つのライフラインがしばらく止まることが想定されています。どちらも不便がつきまといますが、水道が止まっているのが圧倒的に辛いと答える人も少なくありません。遮断されるとあらかじめ用意しなければならない水を用意することはできますが、当然限度があります。特に昼間に家にいる家や職場ではトイレのトラブルが大きくなります。

近年では、多くの水の作品企業が積極的に不断水工法の建設に関与しています。不断水工法は、分岐工法の名称である。この方法では、その場で工事の中断をしなくても、配管用機器の変更や設定などの工事を完了するための準備や発表に必要な労力やコスト削減に貢献します。不断水工法については、既存の配管にT字管と仕切り弁を設置し、それに加えて既存の管にパンチを設置して穴を開けるという形になります。

手順に従ってパンチを外すと、仕切り弁を開いて流れるようになります。近年、穴の開け方を選ぶことができ、さらなる技術の向上があり今後の進化が楽しみです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *