言うまでもなく、水の大切さというものは小学生でも分かっていることなのですが、その水が必要なときに使うことができない時があります。

それは水道工事などが行われているときです。工事が始まれば、その周辺の民家には断水という知らせが届けられ、一時的に水道水は使えなくなってしまいます。わずかな時間なのかもしれませんが、これはかなり不便です。断水と言えば、工事後に出てくる水が赤く濁っていたりします。

あれは不快になるだけでなく、飲むことも使うこともできません。断水が病院や老人介護施設の周辺で行われた場合はかなり大きな問題になってしまいます。こうした不便を解消することを目的に、不断水という工法が開発されました。この不断水工法は水を止めることなく、上水道や下水道の工事を行うための技術です。

施工会社側から見た場合、断水しないことで得られるメリットは何かと言えば、断水に伴う周辺地域への告知を始め、水抜きや水張り、空調機の停止、それから工事後の管内の清掃などの手間を省くことができます。また、大きなコストダウンにもつながるでしょう。日々の生活を送る上で生活用水というものは必要不可欠。この便利な現代では、気軽に蛇口を捻れば水が出るのが言わばあたりまえとなっています。今までのように水道工事を行うたびに断水していたのでは、生活自体に支障を来してしまう。断水を行うことなく工事ができるこの不断水工法は今や常識になりつつあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *