水道管を断水しないで既設配管の分岐作業やパイプメンテナンスを行う工事に用いられる工法となっており、これまでの断水告知や工事期間中の近隣住民に与える影響を最小限度に抑えることが出来るのが不断水の基本理念となります。

対象地域の世帯にとって断水はかなり生活に直結する影響となる為、いまやあらゆる工事作業業者にて展開されているのが特徴となります。既設された配管を断水しないので、該当作業実施に伴う断水告知や給水車の手配、そして工事完了後の配管内の清掃などの手間がカットされる為に新たに見直されている工事方法となるのです。

不断水を推し進めることによって工期そのものの作業進捗度合いにほとんど影響がなくなり、作業中でも近隣住民の負担が大幅に改善されました。またその他の手間にリソースを裂くことやアサインを新規に任命してシフト確認をする必要もなくなるので、工事関係者やプランニング業者からも社内作業ステップの大幅な見直しによるコスパが期待される成果となりました。今まではこの実作業以外のコストもかなりかかっており、そのトータル請求が国や地方自治体へ請求されていたことから人件費や諸費用についても大幅な改善が実行されたのです。

これからの配管工事における不断水問題は必ずクローズアップされる傾向にある為、各業者が適正な方法で作業を遂行することができることが最低条件となります。またその際の工事作業に対する有識を改める必要がある為に、ネット上でも様々な意見や見解が投稿されているのです;

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *