トイレや流しなど、日々の生活において欠かせないものとなった上下水道。

新しく建物が建った時には既にある水道管から建物へ枝管を伸ばす必要があります。

また、水道管には耐久年数があります。ですので一定の年数が経過したら、新しいものに交換しなければなりません。けれども、以前はこのような工事を行う際、一時的に水の流れを止める必要がありました。断水すると水洗トイレが使えないなど日常生活に影響が及びます。公示する側も事前に断水を告知したり給水車を用意するなど、コストがかかってしまいます。そこで導入されたのが、不断水工法です。これは既にある水道管の水の流れを止めることなく、工事をする方法になります。

まず既にある水道管から枝管を伸ばす場合、使われるのが不断水分岐工法になります。これは本管に仕切弁などが付いた器具を取付けてから、本管に穴をあけます。その後枝管の配置を行い、配置が完了したら仕切弁を外します。仕切弁があることで本管の水は流れ続けることができます。枝管の配置が終わった後は仕切弁さえ外せば水を枝管の方にも流すことができるので、断水する必要がないのです。一方古い水道管を新しい水道管に交換する場合は、「インサーティング工法」が使われます。

これは管の切断面に器具を取付けることで、切断面で水をせき止めることができる方法になります。このように不断水工法は、既にある管の水の流れを止めることなく、枝管の設置や新しい管への交換ができる方法にあります。この方法の方が日常生活への影響が少なく、コストも低く抑えられるため、現在多くの水道管工事で取り入れられています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *