水道工事を行う際には不断水となる方法を用いて工事を行うのが近年では一般的になっています。

水道は現代人の生活インフラにおいて非常に重要なものとなっているほか、病院などにおいては患者の生命を維持するための重要なものとなっており、工事において断水が発生してしまう事は非常に大きな社会的な問題を生み出すことになりかねないのが実態です。そのため不断水で工事を行う技術が確立されたことからほとんどの水道工事はこの方法を用いて行われています。しかし不断水となる水道工事の方法を採用する際には、工事の影響を及ぼせないように様々な点に注意を払わなければなりません。

その中でも最も重要な点が、水質汚染を生じないようにすることです。不断水の工事には専用の工具を使用することが多く、その工具を供給する水道の排水の中に設置をして水流を迂回させて工事を行うため、工具の中が清潔に保たれていないとこれらの物質が水道の中に流れ込み、水質の汚染を発生させてしまうことになるのです。従来の断水を伴う水道工事の場合には、利用者側が供給が再開された時点で自ら出室に監視チェックを行い、疑問を感じた場合には使用を取りやめると言うことを必然的に行っていました。

これが不断水の場合には継続的に使い続けることになるため水質の汚染に気づかずに使用を続けることが多く、健康トラブルや命に関わる問題を発生させてしまう可能性があるのです。そのため工事を行う際には十分な注意を払い、トラブルを発生させないように注意することが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *