挿入のことをインサーティングやインサートなどと言いますが、断水せずに配管に新しい通水路を取り付けたり、配管途中にプラグやバルブを取り付ける、既設管にT字管を取り付けたりする手法のことを不断水インサート工法などと呼んでいます。

配管内に液体が流れていない状態であれば、パイプをカットした上でT字管などの設備を取り付け、通水路を分岐させることも容易に行えますが、水道管の場合には水が常に流れていますし、水圧が高いため、パイプを切断しようとすると、カット部から水が勢いよく飛び出してしまい工事が出来ません。不断水インサート工法は通水状態で施工が出来る手法で、断水が出来ない施設での工事で採用が行われています。

しかし、通水状態でどのようにしてT字管を取り付けるのか、バルブの設置や配管の交換が出来るのか疑問に感じる人も多いのではないでしょうか。水道管の場合には常に一定量の水が水圧を加えた形で流れているわけですから、普通に考えれば断水せずに工事を進めることは出来ません。

インサートする設備は不断水工法を開発した会社毎に色々な製品が用意してありますが、器具を取り付ける、器具に水を送りバイパスする結果的に、断水せずに工事が出来る仕組みを持ちます。また、断水と聞くと水道管などのイメージを持つ人も多いかと思われますが、工場内には液体原料を施設内に送り込むための配管設備もあり、こうした設備のメンテナンスや設備交換時にも不断水工法が採用されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *