浄水場から水道管を通って蛇口まで、水は常に通っている状態であり、圧力がかかっているため蛇口をひねると水が出る仕組みです。

浄水場から蛇口まで届くまでには、入り組んだ上に枝分かれした複雑な道が描かれています。水道管は新しいルートを付け足したりバルブを挿入する必要が出てくることがあり、その際ハードルになるのが流れている水です。工事にはこの水をせき止めておこなうものと、工夫によってせき止めなくても大丈夫なものにわけられ、せき止めない方を不断水工法と言います。

水をせき止める場合はいくつも枝分かれしている元を止めることになるので、複数のところで水が出ない状況を作り出します。そうなることをいくつもの過程に事前に連絡したり、時には代わりの水源を提供する必要性が出ますが、不断水工法であればそれらの必要がなくなったり規模を小さく済ませられるというメリットがあります。

不断水工法には主にふたつの種類があり、分岐工法と呼ばれる方はまず分岐させたい部分の水道管をぐるりと別のT字管で囲んでしまいます。そして穴を空けた際に水が出てこないように弁を取り付け、穴を空け終わった後に解除して新しい道に水を流す仕組みです。もうひとつの不断水インサート工法は、分岐工法と流れは似ていますがバルブを入れられるのが特徴です。その他にも短時間で済ませられる場合には凍結させて水を遮断するものなど、不断水工法ひとつを取っても目的によって様々です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *