日本では水道の蛇口をひねればいつでも水が出てくるのが当然のようにおもわれていますが、これが不断水工事のおかげだということを理解している人は稀なのではないでしょうか。

不断水工事では水の流れを止めることなく水道管取り換えや工事などを行うことを可能にしました。かつては水道工事が行われる際には、何日も前から日時と断水時間の貼り紙がなされ、人々は水の汲み置きをしたり給水車が回ったりなどという苦労を強いられましたが、不断水工事が行われるようになってから、こういった準備は必要がなくなりました。

また、水道管工事の後は赤錆が付着している古いバブルを閉じるなければならないので、その時にはがれた赤錆が工事が終わった後でも水道水に混ざって出るので困ったという話もすっかり昔の話となっています。このように不断水工事が実現されたことによるメリットは計り知れません。工事を行う側は給水車を手配する手間や人件費を削ることができますし、各家庭では事前に水の汲み置きなどをしなくても済むようになりました。

特に医療機関ともなると少しの間の断水でも、大きな影響が出てしまう可能性もあります。水は毎日の家庭生活に欠かせないということは言うまでもありませんが、企業にとっても安全な製品を生産するための重要なもののひとつです。不断水工事はこういった人々の日常や医療機関、企業の安全を守るために開発された画期的な法事の方法だということが言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *