不断水工事は水道工事において近年広く用いられている方法で、水道を断水することがないため計画的に工事を行うことができるとして広く採用されています。

水道は単に住宅や施設に水を供給するだけでなく近年では非常に重要な責任を負っており、工事のために断水を発生させる事は様々な社会的な問題を引き起こす危険性があるため、従来から大きな問題となっていました。これを解決する方法として開発された不断水工事は単に工事をスムーズに進めるだけでなく、社会的な意味合いも大きいものとして評価されています。しかし不断水工事にはデメリットもあります。

それは工事の開始と終了が利用者には実際には明確にはわからないことです。そのため水道を使い続けることができますが万が一トラブルが発生した場合に大きな被害をもたらす危険性があるので注意が必要です。その中でも最も注意しなければならないのが水道水への異物の混入です。不断水工事は特殊な工具を用いて水道水の経路を迂回させ供給を続ける方法ですが、工具の衛生管理には細心の注意を払わなければなりません。

工具を迂回した水道水が異物や雑菌などの影響を受け、利用者に対して健康被害をもたらすリスクも少なくため、工事を行う際には常に注意をして行うことが必要です。現在では不断水工事を行う際であっても工事予告は利用者に対して行うことが必要となっています。また実際に工事を行う場合には工具の安全面を十分に点検するほか、作業者に対しても十分な教育が必要となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *