不断水工事とはその名の通りに断水を行わずに工事を行うことを言います。

蛇口をひねれば水がでるのが当たり前の現在では断水して工事をすることが難しいため不断水工事が行われることが多くなっています。通常の場合では断水を行ってから本管を切断したりT字管を挿入し接合するなどの手間がかかりますが、不断水工事ではこれらの断水工事に伴う弊害がなくなるため工事にかかる日数を大幅に短縮することができるというメリットがあります。不断水工事には「不断水工法」と呼ばれる施工方法が使われます。

水道管を断水することなく工事を行う工事全般を広く「不断水工法」と呼び、「分岐工法」や「インサーテイング工法」などもその一種です。液体窒素などを利用して水を凍結させる方法や、補助金具を利用して機械的に止水する方法など止水方法も様々です。この工法の基本としては既存の本管にT字管やコスモバルブを取付け固定しその後は仕切弁と穿孔機を取り付けます。

その後は仕切弁が開いていることを確認し、本管にカッターで穿孔します。貫通後は仕切弁を穿孔機のカッターを元に戻し仕切弁を閉じます。穿孔機を取外し分岐側の配管が完了したたら仕切り弁を開け通水を行います。既設の管に障害物等が隣接している場合には「不断水特殊分岐工法」が使われることもあります。工事完了後の管内清掃やそれに伴う告知、給水車の手配が不要であるため影響を最小限に抑えることが出来る工事となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *