水道工事で、一般的にあまり耳にすることが無いものに不断水工事と呼ばれるものがあります。

近年は水道工事の際に断水をすることが少なくなっており、例えば工事業者から近隣に工事通知が行われたとしても、そのほとんどがいつ行われたのかわかりません。大きな理由には不断水工事の存在があり、ここでは上水道や下水道の配管工事を既設管内の水の流れを止めずに行うことができます。給水を例に挙げれば、不断水工事でなければ必ずバルブを閉めてから工事は行われ、この場合、古ければ配管内にバルブの赤錆が剥離して水が濁るなど、除去には分岐管などを設置した後の清掃が必要です。

また、バルブが工事個所付近に無い場合には広範囲で断水が生じ、断水対策として周辺住民への告知や給水車の手配などの付帯作業が必要になります。不断水工事ではこれらの作業を省略することができ、工期の短縮とともに工事費を大幅に削減できるメリットがあります。工事で用いられる断水工法には分岐工法と凍結工法の2種類があります。最初、1959年に上水道の配管工事を行うことを目的として分岐工法が開発されており、その後凍結工法が登場しています。

分岐工法の手順では最初に既設本管に割T字管と仕切弁を取り付けます。次に穿孔機を前進させて既設本管に穴を開け、穿孔機のドリルを元に戻して仕切弁を閉じます。最後に穿孔機を取外し、分岐管の配管完了後に仕切弁を開けて通水をします。凍結工法は液体窒素で工事部分の両端を凍結させ、バルブの代わりにすることで工事を行います。メリットの1つにバルブが無い場合や遠い場所での作業が簡単にできることがあり、他にも、営業中のデパートなどでフロアごとに配管工事をしたい場合に適しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *