不断水工事とは、断水をさせることなく行う工事のことです。

もちろん水道工事に関係する用語で、水道工事は当たり前のように断水が必要になると思っている人も多いでしょうが、普通に考えると断水が必要になるところ、うまい工事方法を採用することによって断水させずに済む工事のことを不断水工事と呼ぶのです。ですから、水道工事であってもそもそも常識的に初めから断水など必要ない工事に対してこの用語が使われることは普通ありません。

あまり良い例ではないかもしれませんが、道路を掘り起こして単に水道管の状態を点検するだけといった工事があるかもしれません。単に水道管の状態を外から点検するだけの工事で断水が必要になることは常識的に考えてあり得ませんから、このような工事では断水が必要なかったとしてもわざわざ不断水工事と銘打たれるようなことはありません。そうではなくて、普通に考えると断水もやむなしではないかと思われるような水道工事において、頭を働かせることにより断水を回避するようなケースがこれに当てはまります。

また、広い意味では、少なくともこの範囲までの断水は仕方ないかと思われるような水道工事において、これまた頭を働かせることにより断水の影響の及ぶ範囲を狭めることができるような工事についても不断水工事に含めて取り扱われることがあります。こちらの場合、狭い範囲では断水せざるを得なかったとしてもそれに注目するのではなく、他の範囲で断水を回避できることにより注目するのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *