不断水工事とは断水無しに水道工事を行うことで、つまりは既に水道水が流れている水道管に対して、その水の流れを止めることなく工事を行う方法です。

ただ、厳密な意味では断水を伴うものの、その範囲が工事箇所だけに限局されていて、それ以外の部分には影響を及ぼすことなく行える工事のことも広い意味での不断水工事と呼ぶことがあります。とくに、常識的にバルブを閉じて行えば断水範囲が広がってしまうところ、工事の方法を工夫することで断水を限定的にできるものはこのように呼ばれることがあります。そうではなくて純粋に一切断水無しで行える工事はかなりの技術力を要します。

考えなければならないことはもちろん水圧です。この水圧に耐えられるようにしながら所定の工事を行って初めて不断水工事が行えるのです。一体どうやってそんなことができるのかと思われるかもしれませんが、原理的にはさほど複雑なものではありません。最初に、工事目的となる水道管の部位の周りに、水圧にも耐えることのできる覆いのような構造を先に構築しておきます。

その構造の中で専用の工具を遠隔的に操作し、水道管に対する所定の工事を行います。この瞬間に水があふれてくることになりますが、予め設けた覆い構造のおかげで外部にまで水が漏れてくることはありません。覆いはそのままその場に残す場合もありますし、もし外すことが必要ならば、引き続き工具を遠隔操作して覆いを外しても水が吹き出すことのない処置を施してから外せば完成となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *