通水している水道管の途中に新しくバルブを設置することなど不断水工事でできるのかと思われても当然でしょう。

これはかなり特殊な工法を必要としますが、不可能ではありません。原理的なことだけを説明しましょう。まずはバルブを設置したい水道管の部位を覆うような形で金属製の筐体を設置します。もちろん水圧に耐えられる構造である必要があります。この筐体には弁がついていると同時に、片側から水道管を切断できる切断機を挿入できるようになっています。

そして、切断機を作動させて水道管を輪切りにします。水があふれ出ることになりますが、予め設置した筐体の中に収まり、その他に漏れ出すことはありません。輪切りにした水道管と一緒に切断機をある程度のところまで引き出して弁を閉じ、その後抜き去ります。これでだいたい不断水工事の全容が見えてきたことでしょう。次はもちろん切断機の代わりにバルブを差し込み、輪切りにした箇所にちょうど設置、接合するようにすれば完成です。

一応原理的にはこれで不断水工事が完了することになりますが、細かい技術的なところではいろいろと考慮すべきことが残っています。例えば、輪切りにしたときの切片や切屑などがそのまま水流に乗って流れて行ったりしては当然ながら困ったことになります。そういったものが流れていったりすることのないよう、切断機の形状を工夫して機器内部にしっかりと保持し、そのまま抜き取れるようにする必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *